スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

虎鉄の日記:青色の封筒


(注:今回の日記の内容は判る人には判るけれど
   判らない方には「なんのこっちゃ」なものです
   判らなかった場合は素直に諦めるか
   手紙などで問い合わせる、或いはJAROに訴える
   などの方法が有効であると思われます。
   

 ある日の事である。
 鳳凰堂・虎鉄が自室で一人、ゆっくりと寛いでいた時の話である。
 近々行われる中間テストに向けて、珍しく自主勉強などをしていた虎鉄は、コンコンと響く硬質の音に気がついて顔を上げた。


 その音に誘われて視線を向ければ、窓の外には一羽のカラス。
 虎鉄の友烏であるクロスケさんだった。
「はいはい、ちょっと待ってくださいね~」
 よっこいしょ、と立ち上がった虎鉄が窓を開けてやると、
 長い付き合いの烏はいつも通りのふてぶてしい足取りで部屋へ入ってきた。
「やぁ、お久しぶりですねぇ。今日はどうされたんですかぁ?」
 などと言ってみるが、用件はなんとなく判っていた。
 やたらと偉そうな烏は一通の封筒を銜えていたからである。
 虎鉄が封筒を受け取ると、烏は「これで用は済んだ」と言わんばかりに一声無愛想な声で鳴いて、さっさと飛び去っていってしまった。
 一人残された虎鉄は、
 もうちょっとゆっくりしていってもいいのになぁ、などと呟きながら封筒に目をやり……
「あら?」
 コキン、と音がしそうなほどに首をかしげた。
 クロスケが届けていったものは、封筒だった。
 ただ、それは封筒と言うにはすこし大きすぎた。
 大きく、青く……それはまさに鉄k……何かの書類のようだった。
「あららららら?」
 
 虎鉄はまたぞろ受難を背負い込んだらしかった。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

まぁ、ようするに

コミケット72に受かっちゃいました~、という事ですね。
判りにくくてスイマセン;
プロフィール

神無月

Author:神無月
神無月(かんなづき)と申します。

主に株式会社トミーウォーカーのPBW『TW2:シルバーレイン』用のブログとしてなんか色々とまったりペースで徒然事が書かれています。
いぇー。

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。