スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

表はパン屋?

―――草木も眠る丑三つ時。

 寮が眠りに落ちた頃、彼らは寝床から起きあがる。
 夜中にふと目を覚ましてみれば、夜の帳の向こう側、踊る彼らに気付けるだろう?
 窓の外に、部屋と部屋を隔てる壁に、誰もいないはずの天井裏に、ピッタリと閉じた箪笥の中に。
 耳をすまして、目をこらして御覧なさい。
 息づく彼らが感じられるだろう?
 そう、夜は彼らの時間。
 月さえも暗い雲間に隠れ、満天の星も目を逸らす、静かで寂しいこんな夜は。
 さぁ、今宵はそんな彼らの世界を覗き見てみることにしよう。
 ただし、どんな事があっても―――声だけはたてちゃいけないよ?
 
 

 深夜――時計の針が三時を過ぎた頃。
 灯りの落ちた『寮つき手芸部』の寮内で、ただ一つだけ小さな光を点す窓があった。
………御存知、鳳凰堂・虎鉄の部屋である。
 誰もが温かな眠りの淵へと沈んでいる時間に、この男は一体何をやっているのだろうか?
 もしも誰かが目を覚まし、この部屋の前を通りかかったのなら聞くだろう。
 ドアの隙間から漏れ聞こえてくる、聞き覚えの無いいくつもの声を。
 それは少女の声であり、少年の声であり、年老いた声であり、声ですらない音だったりするだろう。
 それらの音に疑問を抱き、微かに開いた扉の間にそっと顔を近づければ見えるだろう。
 電気の消えた部屋の中。
 ブラウン管の放つ淡い光の中に、彼らの姿を―――

「ぐわーっ! またやられたーーーっ!!」
(ちゃんとガードしなきゃ………)
(お兄ちゃん昇龍コマンド弱すぎだよ、それじゃ勝てないって)
(いやいやいやっ、今のは惜しかったぞぃ! ささ、もう一度じゃ!)
 キチキチキチ………(次は待ちでいくべきだよ、と言っているらしい)
 カキ……カキキ……………


………
……………
…………………見なかった事にしよう。

 パタリ、とドアが閉まる。
 草木も眠る丑三つ時。
 どうやら、今夜も世界は平和なようだ。

                       めでたしめでたし
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

そういえば…

…………………。
まぁ部屋に入るサイズならペット可らしいからな。
(ペットなのかという疑問は無理矢理黙殺)

――他人に迷惑さえかけなければ、だけどな。
ん?別に深い意味は無いぞ?(ニヤリ
プロフィール

神無月

Author:神無月
神無月(かんなづき)と申します。

主に株式会社トミーウォーカーのPBW『TW2:シルバーレイン』用のブログとしてなんか色々とまったりペースで徒然事が書かれています。
いぇー。

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。